uma-chuのブログ

ドイツエコハウス基準。総2階建45坪。UA値0.24。天井:CF400mm。外壁:CF105mm+ネオマフォーム50mm。床:ネオマフォーム100mm。窓:サーモスX(トリプル)。玄関:グランデル2(ハイグレード仕様)。ダクトレス第一種換気(passiv fan)。太陽光5kw(パナソニック)。耐震等級3。維持管理等級3。劣化対策等級3。外装:ガルバ鋼板。内装:珪藻土壁、さらりあ~と、クリアトーン12SⅡ。サンルーム。バルコニー。2台用カーポート。総額3,350万円。

間取り

リビング階段のメリット・デメリット

今回はリビング階段について紹介します ◆メリット・吹抜と一体化させれば開放感が出て広く見える・家族が顔を合わせる機会が多くなる・間取りをコンパクトに収めやすくコストダウンできる◆デメリット・毎回リビングを通るのでプライバシーが保てない・来客中…

子供部屋の間取りの種類

今回は子供部屋の間取りについて紹介します子供は2人として仮定します◆完全独立型(広め)それぞれの部屋を面積の許す限り広くとったオーソドックスなパターンです ・居心地のよい空間になる(ひきこもり助長?)・部屋間をクローゼットで間仕切ることで防…

収納で工夫したこと

一般的に必要な収納面積は延床面積×10~15%と言われています。ハウスメーカーの間取りを見ると部屋を少しでも広く見せたいがために物の収納はリビングに1ヶ所、服はすべて3畳程度のWICというのが多いような気がします。これでは後々物が溢れて後悔…

階段下スペースの有効活用

今回はデッドスペースとなりがちな階段下スペースの有効活用について紹介します。 ◆階段下収納 一番オーソドックスな活用方法です。そのままのオープン収納でも扉をつけてクローズ収納でも活用できます。ただし収納は奥行きがありすぎると逆に不便なので階段…

サニタリーの間取りの組み合わせ

サニタリー:キッチン以外の水回り部分今回はサニタリーの間取りについて紹介します。サニタリーを構成する項目として、洗濯機、物干し、洗面台、トイレ、風呂の5項目をもとに考えます。(物干しは洗濯機置き場で行う、または隣接させるとします)◆(洗濯機…

LDKの間取りの組み合わせ

L:Living(リビング)居間、家族団らん、くつろぎのスペースD:Dining(ダイニング)食事スペースK:Kitchen(キッチン)台所、調理スペースこのL・D・Kは住宅には必須の部屋で組み合わせが複数あります。L・D・K型、LD・K型、L・DK型、LD…

照明計画 その2

1.階段・ホール 2階には天井裏にセルロースファイバーが敷き詰められるためダウンライトは使わず、ブラケットとシーリングで考えています。(ダウンライトも使えるが、交換するときにセルロースがぼろぼろ 落ちてきてしまうので)階段と2階ホールには適…

照明計画 その1

マイホーム計画で最後まで残ったのが照明計画。というのも自分の専門は建築なので設備は苦手というのが一番の理由です。しかしプランも工事費も大詰めで照明配置と器具を決めなきゃいけないので、電気設備専門の同僚のアドバイスを受けつつ図面を書いてみま…

寝室の計画

寝室の考え方です。1.家具の配置 寝室に配置する家具として、ベッド×2、クローゼット、化粧台、TV、PC台が あるのでそれぞれの役割を考えながら配置します。 ベッドは引き出し収納付きなので各々60cm離しました。 クローゼットは持ち込み分とTV…

玄関・廊下・ホールの計画

玄関・廊下・ホールの考え方です。1.道路に面して玄関ドアを設けない これは人それぞれだと思いますが、玄関ドアを開けたときに通行人からの 視線を避けるためです。また玄関ドアを外から見られない位置に隠すことで、 防犯上の意味もあります。2.玄関ド…

サニタリー計画

水回りの計画で気を付けたことです。 1.トイレは居室から離れた位置に配置 家族とはいえ、やはりトイレは部屋から遠い方がプライバシー上好ましいです。 また、玄関から見えない位置にすることも大事です。来客中はトイレに行きづらい のは嫌ですからね。 …

リビング計画

リビングを計画する際に気を付けたことです。1.南面に窓を設ける 家の中で一番使用頻度の高い部屋なので、南面に窓を設けて光を採り入れて できるだけ照明に頼らないようにしています。窓には庇にすだれを掛けられる ようにし、夏場は直射日光が入らないよ…

ダイニングキッチン計画

ダイニングキッチンを計画する際に気を付けたことです。1.作業スペースを最大限に広くとる 今の住まいで困っていることを妻に聞くと「作業するスペースも物を仮置きする スペースもなく、ダイニングテーブルとキッチンも離れているため非常に不便」 とのこ…

マイホームの図面~展開図~

展開図はそれぞれの部屋の壁面を東西南北ごとに書いたものです。 特に展開図でなければ書き表せないようなものはないので、あるとより分かりやすい 程度の図面です。ここではエアコンの位置や間接照明の部分などを表します。 以上が自作した図面です(立面図…

マイホームの図面~家具図~

家具図は主に造作家具について記載します。建具表同様にキープランもつけます。 ◆机・本棚(リビング) 南向きの窓に面して机と本棚を設けました。眺望の良い外を眺めながら子供たちが 宿題をやってくれることを期待しています。本棚の下にはLED照明を仕…

マイホームの図面~建具表~

建具表には窓と玄関扉、室内扉の仕様を書いていきます。 窓の仕様欄には開き方の種類、数量、ガラス仕様、中空層仕様、サッシ仕様、メーカー、備考を記入。 室内扉の仕様欄には開き方の種類、数量、ガラスの仕様、扉材質、金物仕様、メーカー、備考を記入。 …

マイホームの図面~仕上表~

仕上表には内装の材料や備品、コンセント数を記載します。 ◇内部仕上げ ◆床仕上げ 基本的に複合フローリングですが、寝室はホテル感を出したいので タイルカーペット、トイレは耐水性のあるクッションフロアにしています。 ◆壁仕上げ 基本的にビニルクロスで…

マイホームの図面~2階平面図~

◆寝室は書斎コーナーも兼ねて ベッドの他にドレッサー、書斎机、持ち込みクローゼット等のスペースも考えて ゆとりある広さです。また南向きのベランダと繋げて布団干しも最短動線。 ◆子供部屋2室 最近では子供部屋を家具で仕切ったりすることもありますが…

マイホームの図面~1階平面図~

図面の中で基本であり、最も重要となるのが平面図です。木造の在来工法の場合は基本的に910mmグリッドで書いていきます。 ◆最初に意識すること ・建物の最大外形を考える 敷地境界線から最低でも50cm、できれば1m空けるように計画します。 ・駐車場と建物の…

マイホームの図面~特記仕様書~

特記仕様書とは建物の概要や材料、文字で表すべきもの等を記したものです。 それぞれの項目について紹介します。 ◆工事概要:工事名称、工事場所、完成期限、面積表を記載しています。 面積表は1階74.53㎡、2階74.53㎡、ベランダ・サンルーム9.14㎡の計48…