uma-chuのブログ

HEAT20 G3。総2階建45坪。UA値0.24。C値0.20。天井:CF400mm。外壁:CF105mm+ネオマフォーム50mm。床:ネオマフォーム100mm。窓:サーモスX(トリプル)。玄関:グランデル2(ハイグレード仕様)。ダクトレス第一種換気(passiv fan)。太陽光5kw(パナソニック)。耐震等級3。維持管理等級3。劣化対策等級3。外装:ガルバ鋼板。内装:珪藻土壁、さらりあ~と、クリアトーン12SⅡ。サンルーム。バルコニー。2台用カーポート。総額3,350万円

子ども部屋の広さ

間取りの添削をさせていただくと施主要望の傾向としては

LDKを優先的に広くして「寝室や子ども部屋は最小限で構わない」となることが

多いです。私自身は実家の広い客間をリフォームしたものを子ども部屋として

与えられていたので、コンパクトな子ども部屋だと違和感を覚えることも

あるのですが、延床の上限が決まっている以上仕方ありません。

今回は子ども部屋の大きさのシミュレーションをしてみました。

 

◆3.7畳パターン

もっとも最小限で済むと考えられるパターンです。

なんとかベッドと机は収まるかなという感じですが、机の大きさは制限されそうです。

 

 

◆4.5畳パターン

最もオーソドックスなパターンです。

ベッドと机を置くだけなら十分といった感じです。

 

 

◆6畳パターン

大体ここからがゆとりがあると思うパターンです。

クローゼットが付けられて、テレビも置けそうです。

 

 

◆8畳パターン

ほぼお目にかかれない贅沢仕様です。

クローゼットに加えて、机を2台並べたり空きスペースを使って

趣味の何かに使うこともできそうです。

 

実際は延床を抑えるため4.5畳+クローゼットというパターンが多いです。

子ども部屋×2なら将来は間仕切りを取っ払って9畳のセカンドリビングとしても

使えるので、一番合理的だと思います。

 

 

電気代5月分

5月分の電気代の請求がきたので公開します

◆概要
大人2人、子供2人、延床45坪
オール電化エコキュート、IHクッキング)
太陽光5kw(設置費用:1,597,904円(税込))

電気料金体系:北陸電力くつろぎナイト12
基本料金   :1,650円
平日昼間   :35円/kw(7~9月)
平日昼間   :25円/kw(上記以外)
休日昼間   :20円/kw
夜間     :13円/kw

 

◆2022年5月分
電気代請求額     6,631円(249kw)
太陽光消費額     2,409円(80kw)
(夏季31円/kw、他24円/kwをベースに調整費+再エネ金で推定)
太陽光売電額    13,167円(627kw)

太陽光による累計回収額252,086円
イニシャルコスト回収まであと1,345,821円

 

前月より買電量が26kwも減ったにも関わらず請求額は+378円

省エネしても小エネしても容赦なく請求がきます

 

洗面化粧台排水パイプの掃除

2階の洗面化粧台(LIXIL オフト)排水口の掃除は今まで

パイプユニッシュを流すだけでしたが、いよいよ臭いが

気になってきたので分解掃除しました

 

新聞紙と水受けのトレイを敷いて分解していきます

少し固いですが、手動でばらせます

汚れが溜まっていたので歯ブラシで磨いていきます

きれいになりました

元に戻して通水確認して完了

掃除のためにどうしても水が必要になるので1~2階を往復することに

なりますが、15分かからないくらいの作業です

無事臭いもしなくなり

パイプユニッシュより10倍はキレイになりました

 

太陽光発電の価格変動

東京都では新築住宅の太陽光発電設置を義務化する方針が出されたそうです。

一部報道では年度内にも条例改正と噂されているところです。

 

太陽光の設置から10年間は売電単価が固定されており、

設置している人にとってはありがたいことです。

設置していない人にとっては再エネ賦課金が徴収されるだけで

損をし続ける理不尽な仕組みです。

 

さて、この売電単価ですが年々下がり続けています。

2019年度は24円/kwだったものが2022年度は17円です。

下がり続ける理由として、私の記憶では

「太陽光需要の増加で供給量の増加や技術の発達で設置費も下がるから」

といったことを聞いた覚えがあります。

実際に下がっているのでしょうか。

とある太陽光業者のチラシです。(地域最安との謳い文句)

2019年6月のもので、ちょうど3年前です。

例えば大手3社(シャープ、パナ、東芝)の平均は30.1万円/kwです。

同じく2022年6月現在のチラシです。

 

大手3社(シャープ、パナ、東芝)の平均は33.4万円/kwです。

ここ3年間で30.1万円→33.4万円に約10%アップしています。

しかし売電単価は24円→17円で約30%ダウンしています。

設置費は上がり、売電単価は下がり、今から設置するのがお得かと言われると

難しいですが、世界情勢やカーボンニュートラルの政策から買電単価が

今後も上がり続けることはほぼ間違いないので、やはり自家消費分だけでも

太陽光を載せておくことをおすすめします。

 

uma-chu.hatenablog.com

 

 

 

coconala依頼100件達成

coconalaで出している間取り添削サービスの依頼が100件を達成しました。

coconala自体がテレビCMやyahooニュースで紹介されたりして

新規登録者が増えているようです。

20坪で3階建ての狭小住宅から60坪越えの豪邸まで

いろいろな方から依頼をいただき勉強になります。

 

coconala.com

電気代4月分

4月分の電気代の請求がきたので公開します

◆概要
大人2人、子供2人、延床45坪
オール電化エコキュート、IHクッキング)
太陽光5kw(設置費用:1,597,904円(税込))

電気料金体系:北陸電力くつろぎナイト12
基本料金   :1,650円
平日昼間   :35円/kw(7~9月)
平日昼間   :25円/kw(上記以外)
休日昼間   :20円/kw
夜間     :13円/kw

 

◆2022年4月分
電気代請求額     7,464円(293kw)
太陽光消費額     2,155円(72kw)
(夏季31円/kw、他24円/kwをベースに調整費+再エネ金で推定)
太陽光売電額    12,852円(612kw)

太陽光による累計回収額236,510円
イニシャルコスト回収まであと1,361,397円

 

順調に燃料調整費も再エネ金も上がり続けています。

来月分も上がることが確定しており、止まる様子はありません。

 

床下のすき間埋め

マイホームはもうすぐ築2年です

暑くなる前に床下に潜ってやりたいことがありました

それは「大引きと断熱材の間の隙間埋め」

木材は経年で収縮するので、断熱材との間にすき間ができます

それを埋めるため床下に潜ってきました

まずは潜る前に移動を円滑にするための移動台づくり

余っている板とキャスターで作ります

キャスターをそれぞれビスでとめるだけ

完成

ライトとシール材を持って床下へ潜入

上が断熱材で下が大引きです。すき間が空いてます

これくらいは収縮というより施工上仕方ない範囲だと思います

シール材で埋めていきます

狭いので作業性は最低で上手くできません

断熱材ずり落ち防止のピンが曲がってます

さすがにネオマ100mmは重いか…

いや、それに耐えられる部材を作らないメーカーが悪いのでは。。

かなりすき間が空いてて埋めるのも難しいです

上手くできた場所もあります

 

今回だけで10箇所以上はできましたが、全体個所数は単純計算で

22.5坪×4×4=360箇所

キリがありません

 

それより断熱材のずり落ちが気になるので次回はインパクトドライバーで

金物補強をしてみようと思っています