uma-chuのブログ

ドイツエコハウス基準。総2階建45坪。UA値0.24。C値0.20。天井:CF400mm。外壁:CF105mm+ネオマフォーム50mm。床:ネオマフォーム100mm。窓:サーモスX(トリプル)。玄関:グランデル2(ハイグレード仕様)。ダクトレス第一種換気(passiv fan)。太陽光5kw(パナソニック)。耐震等級3。維持管理等級3。劣化対策等級3。外装:ガルバ鋼板。内装:珪藻土壁、さらりあ~と、クリアトーン12SⅡ。サンルーム。バルコニー。2台用カーポート。総額3,350万円

差し入れは必要?

小学校が休校なので子供を連れて現場へ

棟梁さんがいたので差し入れを渡して中を見せてもらいます

差し入れしないと中を見せてもらえないわけではありません

差し入れをして職人さんたちを労っているわけでもありません

ただただ、丁寧な仕事を頼みます。と無言の圧力をかけているだけです

おそらく自分で詳細図まで書いて持ち込んだり構造計算書のチェックを

したり、仕舞には一級建築士持ってますなんて言ってる時点で

ヤバい施主だと警戒されていると思います

公共工事とちがって住宅建築は現場監督もたまにしか顔を出さず

工事監理者ってなに?というのが当たり前の風潮です

そうすると、いいものができるかどうかは現場の職人さんによるところが

非常に大きくなってしまいます(特に壁の中など隠れてしまう部分)

そういう意味では差し入れも少しは役に立つのかなと思います


f:id:uma-chu:20200402201722j:plain

床の継ぎ目は気密テープで気密処理をします

f:id:uma-chu:20200402201741j:plain

セルロースファイバー用のシートです
いよいよ来週あたりにセルロース充填みたいです

f:id:uma-chu:20200402201821j:plain

f:id:uma-chu:20200402201836j:plain

f:id:uma-chu:20200402201853j:plain

階段上の大窓で眺めがいいです
ここにはペアガラスの内窓をつけて5重窓にします