uma-chuのブログ

HEAT20 G3。総2階建45坪。UA値0.24。C値0.20。天井:CF400mm。外壁:CF105mm+ネオマフォーム50mm。床:ネオマフォーム100mm。窓:サーモスX(トリプル)。玄関:グランデル2(ハイグレード仕様)。ダクトレス第一種換気(passiv fan)。太陽光5kw(パナソニック)。耐震等級3。維持管理等級3。劣化対策等級3。外装:ガルバ鋼板。内装:珪藻土壁、さらりあ~と、クリアトーン12SⅡ。サンルーム。バルコニー。2台用カーポート。総額3,350万円

一級建築士試験 学科試験合格発表

令和3年の一級建築士学科(一次)試験の合格発表がありました。

合格率は前年より5%ダウンの15.2%でした。

一次試験で15.2%は過去10年を見ても最低の合格率で受験生にとっては

狭き門だったと思います。

ここからさらに二次試験で4割以下に絞られますので、

最終合格率は6%程度に落ち着くのではないかと思います。

 

しかしながら合格率が低い原因は試験の難化ではなく、

昨年に受験資格が大幅に緩和されたためだと思われます。

 

受験資格は本来2年間の実務経験が必要でしたが昨年撤廃され、

大卒後すぐに受験できるようになりました。

 

その結果、受験者数は増えたものの合格率は下がり、合格者数は

変わらず建築士の高齢化に歯止めがかかっていない状況です。

 

一級建築士は業界では持っていて当然でいわゆる入門編みたいな

資格ですが、それゆえに大学を出て就職したばかりの新入社員が

会社の上司から受験のプレッシャーをかけられることを想像すると

いたたまれません。

内定が出た時点で1年目で受験するよう勉強しておけと言われている

就活生も数多くいることでしょう。

資格学校に通えば100万円以上の出費があり、一発合格しなければ

延々と学校にお布施を続ける事態にも陥ります。

当然、新入社員にそんな金銭的余裕があるはずもなく、資格学校は

それにつけこんで受講費ローンまで勧めてくる始末。

 

建築士の闇は深い…

 

uma-chu.hatenablog.com