uma-chuのブログ

ドイツエコハウス基準。総2階建45坪。UA値0.24。C値0.20。天井:CF400mm。外壁:CF105mm+ネオマフォーム50mm。床:ネオマフォーム100mm。窓:サーモスX(トリプル)。玄関:グランデル2(ハイグレード仕様)。ダクトレス第一種換気(passiv fan)。太陽光5kw(パナソニック)。耐震等級3。維持管理等級3。劣化対策等級3。外装:ガルバ鋼板。内装:珪藻土壁、さらりあ~と、クリアトーン12SⅡ。サンルーム。バルコニー。2台用カーポート。総額3,350万円

気密処理

気密処理の施工現場です
f:id:uma-chu:20200322173903j:plain
柱の内側はセルロースファイバーのための専用シートで
気密をとりますが、外側の柱と床下地との間は
1つ1つ丁寧にシーリングで埋めていきます

f:id:uma-chu:20200322173853j:plain
何十本もある柱の足元を埋めていく作業はさぞ大変なことでしょう

f:id:uma-chu:20200322173846j:plain
コンセント回りはバリアーボックスという気密用の部材を
使って施工します

f:id:uma-chu:20200322173839j:plain
ケーブルの貫通部にもシーリングで気密処理

こういった積み重ねでC値を高めていくんですね

こういう完成後に隠れてしまう部分に力を入れることこそ
施工力の高さだと思います
まさに「神は細部に宿る」byミース・ファン・デル・ローエ